前号目次一覧次号

QK35表紙御言葉によってたえず改革される

Quarterly
Kyokai No.35

1999夏(6月)


巻頭論壇

福音伝道を支える地域長老会議の形成を目指そう

馬場 康夫

(小田原十字町教会牧師)

QK論文 特集<呼び集められた神の民>

信徒として召されている光栄―個性的小集団論―

芳賀 力

東京神学大学教授・東村山教会牧師)

 教職として召されている光栄

関川 泰寛

(東京神学大学助教授・十貫坂教会牧師・教授)

長老として召されている光栄−栄光の職務・長老

加藤 常昭

(隠退教師)

QK随想

〇信徒として

環境事業に従事する中で

伊藤 紘一

鎌倉雪ノ下教会長老)

主が導いてくださった

宮窪 正博

(富山鹿島町教会会員)

障害者地域作業施設からの発信

平野 節子

海老名教会長老)

教会学校教師として歩んで

天野 正子

(高幡教会長老)

教会生活の喜び

田村 隆治

(牛込払方町教会執事)

〇教職として

神のミステリ−

井上 良彦

(河内長野教会牧師)

教職に召された者としての喜び

小勝 章江

(隠退教師)

”ひつじかいたち”のささやき

宍戸 達

(国立教会牧師)

呼び集められた神の民

堀江 明夫

(御殿場教会牧師)

〇長老として

召集され、派遣される民

深谷 松男

宮城学院院長)

荒野に道を求めて

橋本 貞子

横浜指路教会長老)

長老雑感

室 光昌

(須磨月見山教会長老)

長老として召されている光栄

鈴木 憲二

(豊橋東田教会長老)

長老の責任と喜び

武田 英夫

(自由が丘教会長老)

QK辛口誌上論争第三弾
 合同教団はいかにあるべきか その5

競争的対話の場としての教団 限られた選択肢の中から

鈴木 広徳

(千歳教会牧師)

ジュネーヴ教会信仰問答に基づくリレー黙想

ジュネーヴ・リレー黙想
日課 問/373 担当者 担当肩書 掲載
第11聖日 71-74 下村 邦夫 茨木東教会牧師 QK35
第12聖日 75‐82 小林 光 萩教会牧師

本のオアシス

信仰の読書

徳善義和・百瀬文晃編 『カトリックとプロテスタント』

木下 量煕かずひろ

日本聖公会真光教会牧師)

小河信一著 『聖書の時を生きる』

深瀬 務

(長崎教会牧師)

クリュゼマン著・大住雄一訳 『自由の擁護』

宍戸 基男

(金沢教会牧師)

フッシャ−編 関川・野村他共訳 『神の霊 キリストの霊』

服部 修

駿府教会牧師)

(lectio spiritualis)

解数参照聖句箇所担当者担当肩書掲載号
76ローマ2:1-16黒田 若雄須崎教会牧師QK35
77ローマ2:17-29正田 篤堺川尻教会牧師

海外ニュース

アジア・カルヴァン学会について

野村 信

東北学院大学助教授・陸前古川教会牧師)

牧会二九話

出雲の国で

竹澤 知代志

(松江北堀教会牧師)

日曜学校の説教のために

全国連合長老会日曜学校委員会

(富取善彦)

1999/7-9 カリキュラム
日付聖書個所説教題担当担当所属掲載
1999/07/04 使徒言行録3:1-10 「ペトロとヨハネ」 堀岡 啓信 小松教会 QK35
1999/07/11 使徒言行録7:54-60 「ステファノ」
1999/07/18 使徒言行録8:26-40 「フィリポ」
1999/07/25 使徒言行録16:25-34 「パウロとシラス」
1999/08/01 詩編95:1-7 「わたしを造られた方」 山本 昭夫 福島伊達教会
1999/08/08 出エジプト3:13-15 「神の名―わたしはある」
1999/08/15 出エジプト13:17-22 「民を導く神」
1999/08/22 出エジプト16:1-5 「民を養う神」
1999/08/29 ヨハネ10:7-18 「キリストは良い羊飼」
1999/09/05 創世記3:1-19 「蛇の誘惑」松原 望 須磨月見山教会
1999/09/12 創世記11:1-9 「バベルの塔」
1999/09/19 ローマ3:9-18 「人の罪」
1999/09/26 エフェソ1:3-7 「御子による救い」

巻末通信

(TH生)

奥付
項目メンバー
発行日本基督教団・改革長老教会協議会・教会研究所
編集部東村山教会内(芳賀力、山ノ下恭二、保科隆、中村健一、寺田信一、高砂民宣、相澤孝衞)
定期購読・バックナンバーの申し込み海老名教会
印刷社会福祉法人東京コロニー 東京コロニー東村山印刷所

QK.35


QKの歩みを読み解く 電子化担当付記

集会予告


この頁の作成には、日本基督教団日下部教会宍戸俊介師の猫の神学研究所内、図書室の本棚収蔵季刊教会 35号 のデータを利用させて頂きました。

(筆者紹介)は刊行当時のものです。


前号目次一覧次号