前号 目次一覧 次号

QK93表紙御言葉によってたえず改革される

Quarterly
Kyokai No.96

2014年秋期(9月)


巻頭論壇

甦りの主の下に集められる
神の民として

木村 太郎

(宇都宮教会 牧師)

QK特集 現代における死と葬り

QK論文

福音に根ざす葬りを求めて

加藤 常昭

説教塾 主宰者)

聖書における死生観

朴 憲 郁

(東京神学大学 教授・千歳船橋教会 主任牧師)

聖書における死と再生

宍戸 基男

(日本橋教会 牧師)

QK随想

現代における死と葬り

棟居  勇

(隠退教師・好善社 代表理事)

私が見てきた身内の死と葬り

勝田 英嗣

(浜松教会 牧師)

後の世も御手の内におかれる神に希望をつなぐ

久我 治子

(牧師・東京神学大学 校医)

現代における死と葬り ―死の過程の共有の大切さ―

大塚 啓子

(目黒原町教会 牧師・元信愛病院チャプレン)

QK論文

近代日本の伝道者に聞く

その二 内村 鑑三

鵜沼 裕子

(元聖学院大学大学院 教授)

 ○講演○

「教会に仕える喜びと希望」―教会形成にとって大事なこと―

堀  一善

(日本キリスト教会 引退教師)

聖書と文学

その二 ハイジと讃美歌

楠原 博行

浦賀教会 牧師)

創造への問い

 その9 天と地とそこに満ちるもの

芳賀 力

(東京神学大学 学長)

御言葉の味わいL

 旧約篇/ネヘミヤ記

「そこで、安息日の始まる前に、エルサレムの城門の辺りが暗くなってくると、 わたしはその扉を閉じるように命じ、安息日が過ぎるまでそれを開けない ように言いつけた。そしてわたしの部下をその門の前に立たせ、安息日に は荷物が決して運び込まれないようにした。」 (ネヘミヤ記13章19節))

中西 康之

新潟信濃町教会 伝道師)

 新約篇/ヨハネによる福音書

イエスは目を上げ、大勢の群衆が御自分の方へ来るのを見て、フィリポに、「こ の人たちに食べさせるには、どこでパンを買えばよいだろうか」と言われた が、こう言ったのはフィリポを試みるためであって、御自分では何をしよう としているか知っておられたのである。 (ヨハネによる福音書6章5〜6節)

小林  光

熱田教会 牧師)

ウェストミンスター大教理問答に基づくリレー黙想

ウェストミンスター・リレー黙想
問/196 担当者 担当肩書 掲載
161〜162 馬場 康夫 小田原十字町教会 牧師

qk96

163〜164 鈴木 道也 花巻教会 伝道師

qk96

本のオアシス

信仰の読書 わたしを変えた一冊

『アブラハムの生涯』森有正 講演集 日本キリスト教団出版局 

近藤 国親

(宮内教会 牧師)

本の道しるべ(ブック・レヴュー)

木下裕也著
植村正久の神学理解『真理一斑』から「系統神学」へ 一麦出版社,2013年

倉橋 康夫

(木更津教会 牧師)

高砂民宣著
栄光のキリスト ヨハネによる福音書の受難物語【大森講座25】新教出版社,2013年

川村 輝典

(隠退教師)

加藤常昭編
ドイツ告白教会の説教  教文館,2013年

安井  聖

(日本ホーリネス教団 西落合キリスト教会 牧師)

(lectio spiritualis)

解数 参照聖句箇所 担当者 担当肩書 掲載号
199 一コリントの信徒への手紙二8:16-24 黒米 忠一 白金教会 牧師 qk96
200 一コリントの信徒への手紙二9:1-5 中島 善子 登美丘教会 牧師

<海外ニュース>

中国における 改革派・長老派教会

松谷 曄介

(香港中文大学・崇基学院・ 神学院 客員研究員)

牧会八十五話

伝道を考える

川染 三郎

鴻巣教会 牧師)

巻末通信

 

(TH生)

奥付
項目 メンバー
発行 日本基督教団・改革長老教会協議会・教会研究所
編集部

〒103-0007 東京都中央区日本橋浜町2-21-4
(山ノ下恭二、宍戸基男、竹前治、木村太郎、渡辺善忠、布村伸一)

表紙デザイン

芳賀より子

定期購読・バックナンバーの申し込み 〒204―0024 清瀬市梅園2-5-15 清瀬信愛教会 FAX 042-491-0851
印刷 社会福祉法人東京コロニー コロニー印刷

QK.96


QKの歩みを読み解く 電子化担当付記

集会予告

この号のお茶目

(筆者紹介)は刊行当時のものです。


前号 目次一覧 次号