論壇一覧特集沈潜論争随想黙想Q&A霊解海外牧会SS巻末

Quarterly
Kyokai

QK論文・神学研究

シリ−ズ共同研究 <礼拝(リタージー)>

表題 著者 著者肩書 収録
その一 礼拝史の視点 加藤 常昭 (鎌倉雪ノ下教会牧師) QK1
その2 旧約における礼拝 宍戸 基男 (福生教会牧師) QK2
その3 新約における礼拝 川村 輝典 (東京女子大学教授・弦巻教会牧師)
その4 古代教会における礼拝 関川 泰寛 (東北学院大学助教授) QK4
その5 中世教会における礼拝 永井 修 (森小路教会牧師)
その6 ルタ−における礼拝の改革 加藤 常昭 (鎌倉雪ノ下教会牧師) QK5
その7 ツヴィングリにおける礼拝の改革 出村 彰 (東北学院大学教授)
その8 カルヴァンにおける礼拝の改革(1) 藤掛 順一 (富山鹿島町教会牧師)
その9 カルヴァンにおける礼拝の改革(2) QK7
その10 スコットランドにおける教会の礼拝(1) 後藤 憲正 (日本基督教会・古河伝道所牧師)
その11 スコットランドにおける教会の礼拝ついて(2) QK8
その12イギリスにおけるその後の展開(1) 小笠原 政敏 (仙台長町教会牧師・東北学院大学教授)
その13 イギリスにおけるその後の展開(2) QK10
その14 イギリスにおけるその後の展開(3) QK13
その15 アメリカに渡った改革長老教会の礼拝 野村 信(東北学院大学講師)
その16 明治期日本の改革長老教会の礼拝 五十嵐 喜和(日本基督教会 豊中中央教会牧師)QK15
その17 エキュメニズムにおける礼拝の改革 熊澤 義宣(東京神学大学教授・井草教会牧師
 日本エキュメニカル協会理事長)
その18 我々の教会の礼拝 加藤 常昭(鎌倉雪ノ下教会牧師)

シリ−ズ共同研究 教会の信仰 −教理−

表題副題 著者 著者肩書 担当収録
その1
啓示、神の言葉と伝統
はじめに 福田 雅太郎 (富士教会牧師)東海連合長老会 QK16
第1節 聖書 増田 志郎 平塚富士見町教会牧師)
第2節 啓示堀江 明夫 御殿場教会牧師)
第3節 伝統 望月 修 豊橋中部教会牧師)
おわりに 福田 雅太郎 (富士教会牧師)
その8
神の選びと予定
はじめに 東野 尚志 鎌倉雪ノ下教会牧師)神奈川連合長老会 QK33
第1節 神の主権(イニシアティブ) 澤田 隆 藤沢北教会牧師)
第2節 イエス・キリストと予定
第3節 予定と教会 大崎敬子 横浜中田教会牧師)
第4節 予定と讃美 寺田 信一 海老名教会牧師)
おわりに 東野 尚志 鎌倉雪ノ下教会牧師)
その9
教会とそのしるし
第1節 見えない教会と見える教会 小堀 康彦 (東舞鶴教会牧師)関西地区会 QK34
第2節 一つなる教会 藤盛 勇紀 (茨木教会牧師)
第3節 聖なる教会 田邊由起夫 泉ヶ丘教会牧師)
第4節 公同の教会 松原 望 (須磨月見山教会牧師)
おわりに 小堀 康彦 (東舞鶴教会牧師)
その10
福音と律法
I 教会訓練として 篠原 満 (下関東教会牧師)西中国神学研究会 QK43
II 信仰告白と倫理の問題 松島 敬三 (庄原教会牧師)
III 感謝の生活 小林 克哉 呉平安教会牧師)
IV 福音と律法に生きる神の民 磯部 理一郎 (福岡渡辺通教会牧師)
その11
御言葉と聖礼典
第一節 言葉と霊 井ノ川 勝 (山田教会牧師)三重神学会 QK45
第二節 恵みの手段としての聖礼典 前田 和之、
加藤 幹夫
(津教会牧師、
阿漕教会牧師)
第三節 聖礼典、御言葉、信仰 宇野 信二郎、
丹羽 利夫
(名張教会牧師、
松坂教会牧師)
第四節 聖礼典の種類と数 松井 睦、
津田 徹
(津示路教会牧師、
鳥羽教会牧師)
その12
聖化と回心
はじめに 篠原 愛義 (大洲教会牧師)四国改革長老教会協議会 QK48
第一節 信仰と愛 野村 忠規 (松山城東教会牧師)
第二節 実践的三段論法、行いと報い 篠原 愛義 (大洲教会牧師)
第三節 回心としての悔い改め 岡本 康夫 (日和佐教会牧師)
第四節 裁きと完成 鈴木 實 (高知東教会牧師)
その13
洗礼
はじめに 東京改革長老教会協議会 QK55
第一節 新約聖書における洗礼 川村 輝典 (弦巻教会牧師)
第二節 洗礼の本質とその執行 橋爪 忠夫 洗足教会牧師)
第三節 幼児洗礼 阿部 裕治 (自由が丘教会牧師)
第四節 洗礼の必要性と十分性
―教会はなぜ洗礼を施すのか
上田 彰 玉川平安教会牧師)
第五節 洗礼の教育・訓練 棟居 勇 (奥沢教会牧師)
第六節 礼拝式(リタージ)としての洗礼 勝田 英嗣 柿ノ木坂教会牧師)
その14
聖餐
はじめに 愛知四教会合同長老協議会 QK57
第一節 最後の晩餐と過越 尾崎 和男 (尾張一宮教会牧師)
第二節 初代教会における主の晩餐
第三節 ローマ・カトリック教会の聖餐理解
第四節 教改革時の聖餐理解 武田 真治 金城教会牧師)
第五節 現代の聖餐に関する一考察 田口 博之 (名古屋桜山教会牧師)
その15
教会の職務
はじめに 渡邊 宣一 (京都大宮教会牧師)西部連合長老会 QK61
第一節 職務の理解 黒米 忠一 (森小路教会牧師)
第二節 教会訓練・戒規と長老職
第三節 全体教会の秩序 高橋 圭子 (御所教会牧師)
終わりに 現代の聖餐に関する一考察 渡邊 宣一 (京都大宮教会牧師)


出村 彰

(東北学院大学教授)

改革教会の歴史とその本質

表題 収録
1.長老職の意味を求めて QK1
2.長老制度の歴史 QK2
3.W バーゼルとシュトラスブルクの宗教改革 QK4
4.X ジュネーヴの宗教改革 QK6
5.Y 教会統治のあるべき姿 QK7
6.Z 長老改革制の発展 QK8
7.三 長老改革制の現代的課題 QK9


芳賀 力

(東村山教会牧師・東京神学大学講師→助教授→教授)

赦罪の権威

表題収録
その1 贖罪論を再考するQK1
その2 物語としての福音QK2
その3 <いけにえ=犠牲>ストーリーQK4
その4 <いけにえ=犠牲>ストーリー(承前)QK7
その5 <あがない=解放>ストーリーQK8
その6 続<あがない=解放>ストーリーQK10
その7 <つぐない=償罪>ストーリーQK11
その8 続<つぐない=償罪>ストーリーQK13
その9 <さばき=審判>ストーリーQK14
その10 続<さばき=審判>ストーリーQK16

大いなる物語の始まり

表題収録
5第3章 園の物語(1)QK31
6第3章 園の物語(2)QK32
7第4章 家の物語(その1)QK33
8第5章 家の物語(その2)QK34
9第6章 都の物語(その1)QK36
10第6章 都の物語(その2)QK37
11第7章 宮(教会)の物語QK39

物語る教会教義学<啓示篇>

表題収録
1物語る教会の誕生QK42
2到来する神QK43
3神の名の啓示QK44
4神の人格性(1)QK45
5受肉への徹底QK54
6渡された体QK55
7約束の聖霊QK56
8頌栄の共同体QK57

共同体論者との対話

表題収録
1マッキンタイアーの場合QK46
2ベラーの場合QK47
3ウォルツァーの場合QK48

読切

表題著者肩書収録
宗教改革の意義と改革教会の貢献の道 −七つの命題をめぐる注釈-芳賀 力QK5
閑話休題*神学的に時代を読む − グノ−シスと現代芳賀 力QK6
<呼び集められた神の民>信徒として召されている光栄―個性的小集団論―芳賀 力QK35
航路なき時代への船出 ニケア信条と今日の伝道・礼拝芳賀 力QK38
<共同体と伝統> 共同体を再建しなさい芳賀 力QK50
明治期キリスト教ジャーナリズムと現代の教会
季刊『教会』(QK)50号出版記念パーティー オープニング・スピーチ
芳賀 力QK52
神の民の神学―イエスと教会― 芳賀 力 (組織神学者)QK59


J.N.D.ケリー(訳・磯部 理一郎)

(自由が丘教会牧師)

初期キリスト教教理史 第三部 ニケアからカルケドンまで

表題収録
第九章 ニケアの危機QK1
第九章三節 ニケアの神学QK2
第九章四節 ニケアの余波QK4
第九章第五節 ニケア派とアタナシオスQK6
第九章第六節 反ニケア派QK7
第十章 三位一体の教理 第1節 同質論への帰還 第2節 御霊の同一性:アタナシオスQK8
第十章第3節 聖霊の同質性QK9
第十章第4節 カッパドキア教父と三一論QK10
第十章第5節 西方の三一論 −ヴィクトリヌスの三一論−QK11
第十章第6節 アウグスティヌスの貢献QK13
第一一章 四世紀のキリスト論 第1節 序 ,第2節 アリウス派とエウスタティオスQK14


松永 希久夫

東京神学大学学長 新約学)

表題 著者 著者肩書 収録
イエスと現代 − ヨハネ福音書の暗示するもの − 松永 希久夫 (東京神学大学学長 新約学) QK4
日本における神学教育の現状と将来 松永希久夫 東京神学大学教授・学長) QK33


I・J・ヘッセリンク

ウェスタン神学大学教授)

表題 著者 著者肩書 収録
[講演]主よ、御言葉と御霊によって、あなたの教会を新たにしたまえ I.J.ヘッセリンク (ウェスタン神学大学教授) QK5
[講演]苦難と摂理 − 祈りと慰め I.J.ヘッセリンク (ウェスタン神学大学教授) QK6
伝統と現代 アメリカ改革派教会と日本の教会I・J・ヘッセリンク(高砂民宣) (訳者 西東京教会牧師)QK42


加藤 常昭

(鎌倉雪ノ下教会牧師→日本基督教団隠退教師→神学者)

表題 収録
[講演・第四回協議会]公同教会をめざすわたしたちの教会QK10
<呼び集められた神の民>長老として召されている光栄−栄光の職務・長老QK35
キリストの教会を生かすものQK45
<共同体と伝統> 改めて問う三要文の位置と意味 QK50
私たちの教会が問われていること QK54


関川 泰寛

(東京神学大学教授・十貫坂教会牧師)

表題 収録
<呼び集められた神の民>教職として召されている光栄QK35
キリストを告白する私たちの礼拝QK45


保科 隆

(高幡教会牧師)

牧師の日本研究事始

表題収録
01古事記についてQK16
14柳田國男から学ぶもの―「方法」の問題―QK32
15柳田國男から学ぶもの―新しい国学としてQK34
16柳田國男から学ぶもの―『海上の道』についてQK37
17平田篤胤についてQK38
18古事記再考 ―スサノヲと罪の問題―QK39
19古事記再考 −「なる」神について−QK41
20植村正久と儒教・仏教 −孔子・王陽明・法然・日蓮−QK42

牧師の日本学

表題副題収録
1―日本語を考えるA.言文一致運動を中心にしてQK51
2―日本語を考えるB.訓読法についてQK52
3―日本語を考えるC.(続)訓読法についてQK53


トーマス・ジョン・ヘイスティングス

(アメリカ合衆国長老教会宣教師・東京神学大学実践神学・キリスト教教育学助教授 →教授)

表題副題収録
プロテスタント教会における信仰育成(カテケーシス)の可能性 第3章―倫理的教訓(パラネ−シス)の位置 QK31
アメリカ合衆国の諸教会と同性愛−聖書テキストの討論をめぐって− QK36
福音に基づいた家庭を築くこと夫婦、親子間における契約の徳 QK54


五十嵐 喜和

(日本キリスト教会 豊中中央教会牧師)

植村正久とカルヴィニズム

表題収録
植村正久とカルヴィニズム(1)QK31
植村正久とカルヴィニズム(二)QK32

植村正久の聖書論

表題収録
植村正久の聖書論―その1―QK37
植村正久の聖書論―その2―QK39


山澤 直晃

(森小路教会牧師)

カルヴァンの聖霊論

表題著者 著者肩書収録
カルヴァンの聖霊論―聖書の権威を中心として― 山澤 直晃 (森小路教会牧師)QK33
カルヴァンの聖霊論―カルヴァンの聖書の見方を中心に― 山澤 直晃 (森小路教会牧師)QK37

日本における長老教会の源流

表題著者 著者肩書収録
日本における長老教会の源流(1)岡部 一興(横浜指路教会長老)QK36
日本における長老教会の源流(2)中島 耕二(キリスト教史学会会員)
日本における長老教会の源流(続)岡部 一興(横浜指路教会長老)QK37


松永 希久夫

(東京神学大学教授・学長)

伝道する教会

表題収録
伝道する教会 その1QK38
伝道する教会 その2QK39


田上 雅徳

(慶応義塾大学助教授・改革派千城台教会長老)

再考・カイパー

表題収録
「カルヴィニズムと政治」QK41
「カルヴィニズムと政治」(2)QK42


C・メラー

ハイデルベルク大学教授

表題 著者 著者肩書 収録
講演 癒しの場所としての教会共同体 C・メラー
(加藤常昭訳)
ハイデルベルク大学教授QK41
『魂の配慮への歴史』の基本線(1) C・メラー
(加藤常昭訳)
ハイデルベルク大学教授QK42
『魂の配慮への歴史』の基本線(2) C・メラー
(加藤常昭訳)
ハイデルベルク大学教授QK43


原田 浩司

(富田林教会伝道師)

信仰告白、規律、そして長老制度

表題収録
スコットランド宗教改革に学ぶプレスビテリー形成の課題(1) QK46
スコットランド宗教改革に学ぶプレスビテリー形成の課題(2) QK49


D・ファーガソン

(エディンバラ大学神学部教授)

表題 翻訳 収録
科学、テクノロジー、そして神の善き創造高砂 民宣(荻窪清水教会牧師QK49
<共同体と伝統> スコットランド信仰告白・ウェストミンスター信仰告白と我々の教会関川 泰寛(東京神学大学教授・十貫坂教会牧師) QK50


小室 尚子

(東京女子大学宗教主任)

キリスト教と日本―宣教学的分析―

表題 収録
キリスト教と日本―宣教学的分析―QK52
キリスト教と日本―宣教学的分析(2)― QK53
キリスト教と日本―宣教学的分析(3)― QK54
キリスト教と日本―宣教学的分析(4)― QK55
キリスト教と日本―宣教学的分析(5)― QK56


現代における終末論

新約聖書の立場から(QK56)

川村 輝典

(弦巻教会牧師)

改革教会の立場から

牧田 吉和

神戸改革派神学校校長)

表題 収録
第一部 改革派諸信条における終末論―その特色と課題 その1QK56
第一部 改革派諸信条における終末論―その特色と課題 その2QK57
第二部 終末論の今日的課題―改革派神学の立場から―QK58

論文(読切)

表題 著者 著者肩書 収録
1890年の信仰告白をめぐって 大野 昭 (沼津・香貫教会牧師) QK1
創造論と障害者問題 熊澤 義宣 (東京神学大学教授・井草教会牧師) QK2
心の病と教会―心を病む人の援助者となるために何が必要か― 菊間 俊彦 (駒込教会牧師) QK8
明治の教会と日曜学校―特に田村直臣をめぐって― 森下 憲郷 (巣鴨教会牧師)
[講演・第四回協議会]日本基督教団の現状と我々の課題―公同教会を目指して―川村 輝典(弦巻教会牧師)QK10
[講演・第四回協議会]私達の教会の法的共同体制と改革長老教会の伝統深谷 松男(金沢教会長老・金沢大学教授)
現代における家族・夫婦・男女 熊澤 義宣 (東京神学大学教授・井草教会牧師) QK11
日本人の法意識 −中世・戦国法  喧嘩両成敗法を中心として 保科 隆 (高幡教会牧師)
われ・それ・あれ M.Buberと日本的世界をめぐる覚え書き 早坂 泰次郎 (東京国際大学教授)
アンセルムスの贖罪論 ―その学び直しから発題へ― 寺田 信一 (小金井西ノ台教会伝道師) QK13
日本の教会とニケア信条 橋爪 忠夫 (仙台東六番丁教会牧師) QK14
東中央ヨ−ロッパにおける改革派教会 G.D.レーマン (東京神学大学教授)
生・老・病・死について考える 平山 正実 (東洋英和女学院大学大学院教授・死生学専攻・精神科医)
牧会における自己実現の問題 岩本 龍弘 (投稿・福島教会伝道師)
日本基督公会について 久保 義宣 (日本基督教会 横浜海岸教会牧師) QK15
生命概念についての省察(1) 鳥山 英雄 (武蔵野教会長老・東京女子大学名誉教授)
生命概念についての省察(2) QK16
聖餐の意味と陪餐者の資格 山ノ下 恭二 (東大宮教会牧師) QK31
熊野義孝における教会論―その展開と形態において― 千 相絃 (在日大韓基督教東京教会牧師)
基本信条と改革教会の伝統 永井 修 (隠退教師) QK32
T.F.トランスにおける<信仰の遺産>の問題 岩本 龍弘 (土佐福音教会牧師)
予定論から目を背けるな 神代真砂実 (東京神学大学常勤講師) QK33
アメリカ改革教会規則書に学ぶ 秋山 徹 (上尾合同教会牧師) QK34
絵本、物語る喜び 松井 直 (福音館書店相談役・吉祥寺教会会員) QK36
オランダ改革派の伝統 G.イミンク〔高砂民宣訳〕 (オランダ・ユトレヒト大学〔東京西教会牧師〕) QK37
T.F.トランスにおけるイスラエル論 岩本 龍弘 (土佐福音教会牧師)
現代世界の諸問題に直面する改革派信仰の根本問題 M.オポチェンスキー〔訳 後藤 憲正 日本キリスト教会古川教会牧師〕 世界改革派教会連盟総幹事 QK38
会衆が共に歌うこと―宗教改革から学ぶ― G.D.レーマン 東京神学大学教授 QK39
「いずこへ 長老主義教会政治論再考」 松谷 好明 日本キリスト教会西経堂伝道所牧師 聖学院大学総合研究所客員教授
教会員と長老 教会員と長老 勝田 英嗣 柿ノ木坂教会牧師)QK40
教会員と長老 長老の選出について 浅原 進 (白金教会牧師)
教会員と長老 長老の務めとその育成 藤掛 順一 (富山鹿島町教会牧師)
教会員と長老 中会の必要性 瀬谷 寛 (鎌倉雪ノ下教会 伝道師)
子どもの心と癒し 藤澤 孝人 (藤澤子どもクリニック院長)QK41
熊野義孝とバルトにおけるキリストの体 磯部 理一郎 (自由が丘教会牧師)
一七世紀カルヴィニズム研究 イギリス・カルヴィニズムとフランス改革派における予定論の展開 井上 良作 (横浜指路教会副牧師)QK42
われわれの時代に生きる教会−教会の課題とは何か− アンネリーゼ・カミンスキー
(加藤常昭訳)
(ベルリン・ブランデンブルグ領邦教会議長) QK44
改革派教会の礼拝について 後藤 憲正 (日本キリスト教会古河伝道所 牧師)
第三回全国青年修養会主題講演
十字架につけられたキリスト
東野 尚志 (鎌倉雪ノ下教会牧師)
カルヴァン研究の最近の動向 野村 信 (東北学院大学助教授) QK46
カルヴァンの秩序概念について 上原 智加子 (下谷教会伝道師)
エーべリングの解釈学的神学 有馬 尊義
社会的存在としての初期キリスト教徒 松本 宣郎

松本 宣郎

(東北大学教授・仙台広瀬河畔教会長老)

QK47
教会と青年 青年伝道50年をふりかえって 内藤 留幸 (高井戸教会牧師)
教会と青年 青年と教会 −青少年伝道とキリスト教学校の働き− 石井 道夫 (横浜共立学園中・高学園校長)
教会と青年 「青年の伝道」を考える 棟居  洋 (フェリス女学院中学・高等学校校長・鎌倉雪ノ下教会長老)
教会と青年 「教会と青年」私感 富岡幸一郎 (文芸評論家鎌倉雪ノ下教会長老)
聖なるものの交わりを信ず−言葉の関係性をめぐって− 大住 雄一 (東京神学大学教授・用賀教会牧師) QK48
教理を擁護する長老になろう−青年といえども長老になったなら 寺田 信一 (海老名教会牧師)
クリスチャン・メラー教授の講演「神の奥義の前で立ち止まる」をめぐって 訳と紹介 小友 聡 (東京神学大学常勤講師・中村町教会牧師)QK49
キリスト教学校の行方 小林 宏 (横浜共立学園理事長・日本基督教団正教師)
<共同体と伝統> 教会形成と信条 鈴木 広徳 (千歳教会牧師)QK50
礼拝から伝道へ G・D・レーマン (元東京神学大学教授) QK51
アメリカ改革派教会における礼拝の祝い W・ジャンセン (東京神学大学常勤講師)
人間形成と教育の課題 吉岡 良昌 東洋英和女学院大学教授) QK52
オリゲネスの聖書解釈に関する一考察
特に「霊的解釈」を巡って
清藤 淳 (泉高森教会牧師)
信仰告白は教会のきずな
―第9回全国協議会 主題講演(2003.9.15)―
藤掛 順一 横浜指路教会牧師) QK53
―信仰告白に結ばれた教会を求めて―
第13回全国牧師会 発題(2003.9.16)
小堀 康彦 (東舞鶴教会牧師)
礼拝者として生きる
ローマの信徒への手紙12:1−8
―第6回全国青年修養会主題講演―
藤盛 勇紀 (藤沢北教会牧師)
国際新約聖書学会について 川村 輝典 弦巻教会牧師 QK54
熊野義孝の聖化論 清野 久貴 (宇都宮教会牧師) QK56
スコットランド教会の歴史に見る教会形成のビジョン −ストーラー論文を読む(1)−
「市民的カルヴィニズム − スコットランドの改革派の活力の源」(抄訳と解説)
関川 泰寛 十貫坂教会牧師・東京神学大学教授) QK58
長老・信徒のための「スコットランド宗教改革」入門 原田 浩司 (富田林教会牧師)
スコットランド教会の歴史と現状 増田 将平 (青山教会牧師)
信仰継承の意味と諸相
東神大修養会(2004/11/17)特別講演改稿
朴 憲郁パク ホンウク 東京神学大学教授・千歳船橋教会牧師) QK59
礼拝者として、証し人として 信仰生活の基本
神奈川連合長老会信徒研修会主題講演要旨
藤盛 勇紀 (藤沢北教会牧師)
スコットランド教会の歴史に見る教会形成のビジョン −ストーラー論文を読む(2)−
「ブレイブハートからフェイントハートへ − ポストモダンのスコットランドにおける礼拝と文化」(抄訳と解説)
関川 泰寛 十貫坂教会牧師・東京神学大学教授)

論壇一覧特集沈潜論争随想黙想Q&A霊解海外牧会SS巻末