戻る進む

日本基督教会信仰の告白

〔一八九〇年(明治二十三年)制定〕(使用版)

 我等われらかみあがむるしゅイエス・キリストはかみ独子ひとりごにして人類じんるいのため、そのつみ救ひすくいのためにひととなりてくるしみ我等われらつみのために完全まった犠牲いけにえをさ給へたまえり。おおよ信仰しんこうりてこれ一体いったいとなれるものはゆるされてとせらる。キリストにける信仰しんこうあい作用はたらきてひとこころきよむ。またちちともあがめられ、礼拝れいはいせらるる聖霊せいれい我等われらたましいにイエス・キリストを顕示けんじす。そのめぐみによるにあらざればつみしたるひとかみくにることをず。いにしえ預言者よげんしゃ使徒しとおよび聖人せいじんは、聖霊せいれい啓迪けいてきせられたり。新旧しんきゅう両約りょうやく聖書せいしょのうちにかた給ふたもう聖霊せいれい宗教上しゅうきょうじょうのことにつき誤謬あやまりなき最上さいじょう審判者しんぱんしゃなり。往時いにしえ教会きょうかい聖書せいしょりて告白文こくはくぶんつくれり。我等われらもまた聖徒せいとかつつたられたる信仰しんこうみちほうじ、讃美さんび感謝かんしゃとをもってその告白こくはく同意どういひょうす。

 われ天地てんち造成者つくりぬし全能ぜんのうちちなるかみしんず。われはその独子ひとりご我等われらしゅイエス・キリストをしんず。すなわ聖霊せいれいによりてみごもられ処女おとめマリアよりうまれ、ポンテオ・ピラトのもとくるしみけ、十字架じゅうじかにつけられ、してられ(陰府よみくだり)、第三日目みっかめ死者ししゃのうちより復活よみがえり、てんのぼりて全能ぜんのうちちなるかみみぎ給へたまえり。彼所かしこよりきたりてけるものとねるものとを審判さばきたまん。

 われ聖霊せいれいしんず、せいなる公同こうどう教会きょうかいすなわ聖徒せいと交通まじわりつみゆるし身体からだ復活よみがえり永遠とこしえ生命いのちしんず。アーメン

〔一九三四年(昭和九年)版の日本基督教会式文に掲載された原文に依拠する〕


戻る進む

Homeに戻る