戻る進む

日本基督教會 信仰しんかう告白こくはく

〔一八九〇年(明治二十三年)制定〕

 我等われら~かみあがむるしゆ耶蘇イエス基督キリストは、~かみ獨子ひとりごにして、人類じんるいのため、そのつみすくひのために、ひととなりてくるしみ我等われらつみのために、完全まつた犠牲ぎせいをさゝげたまヘり。およ信仰しんかうりて、これ一躰いつたいとなれるものはゆるされてとせらる。基督キリストける信仰しんかうは、あい作用はたらきてひとこころCきよむ。また、ちゝと、ともにあがめられ、禮拜らいはいせらるゝ聖靈せいれいは、我等われらたましひ耶蘇イエス基督キリスト顯示げんしす。そのめぐみによるにあらされば、つみしたるひと~かみくにることをず。いにしへ預言者よげんしゃ使徒しと、および聖人せいじんは、聖靈せいれい啓廸けいてきせられたり、新舊兩約しんきうりやうやく聖書せいしよのうちにかたりたまふ聖靈せいれい宗教上しうけうじやうのことにつき誤謬あやまりなき最上さいじやう審判者しんぱんしやなり。往時いにしへ教會けうくわい聖書せいしよりて告白文こくはくぶんつくれり。我等われらもまた、聖徒せいとかつつたへられたる、信仰しんかうみちほうじ、讃美さんび感謝かんしやとをもつてその告白こくはく同意どういへうす。

 われ天地てんち造成者つくりぬし全能ぜんのうちゝなる~かみしんず。われはその獨子ひとりご我等われらしゆ耶蘇イエス基督キリストしんず。すなは聖靈せいれいによりてみごもられ、處女をとめマリヤよりうまれ、ポンテオ、ピラトのもとにくるしみけ、十字架じふじかにつけられ、してはうむられ、(陰府よみくだり)第三日だいさんじつ死者ししやのうちより復活よみかへり、てんのぼりて、全能ぜんのうちゝなる~かみみぎたまへり、彼所かしこよりたりてけるものねるものとを審判さばきたまはん。

 われ聖靈せいれいしんす、せいなる公同教會こうどうけうくわいすなはち聖徒せいと交通こうつうつみゆるし身躰しんたい復活ふくくわつ永遠かぎりなき生命いのちしんず。アーメン

「明治二十三年十二月改正 日本基督教會信仰の告白 憲法規則及び附録」
(石本三十郎 明治廿四年四月七日出版)
に準拠。


戻る進む

Homeに戻る